リスティング広告の上手な使い方とは

さまざまな種類があります

ひとつにインターネット広告といっても、さまざまな種類がありますが、それぞれ売り込みたい商品や利用してほしいサービスなどに適したものを選ぶ必要があります。 インターネット広告のひとつであるリスティング広告は検索エンジンなどの検索結果のページに表示される広告のことで、検索されたキーワードに関連する広告が表示されるので、集客効果の高いものとなっています。しかし、リスティング広告は表示枠の表示件数が限られているため、オークションによって単価入札を行い、それぞれ単価の高い広告が優先的に表示される仕組みとなっています。そのため、単価が低すぎるとまったく表示されないということもあり、使い方に工夫を凝らす必要があります。

表示されやすそうなキーワードを探す

リスティング広告の使い方の手順としては、まずは表示されやすそうなキーワードを探すことになります。これはリスティング広告が文字媒体で検索結果の関連性で表示させる広告であるため、適したキーワードを選ばなければ広告の表示順位が下がるためです。これら表示されやすそうなキーワードを探し、これを組み合わせることで、より目標とするユーザーに対して広告表示の回数を増やすことが可能になります。また広告を表示でき、クリックしてもらえたとしてもクリック先が購買意欲を高めるものでなければ、売上につながりません。そのため専用のランディングページなどを用意するのが一般的です。 またリスティング広告では、オークションの入札単価によって表示優先度が変わりますが、高い単価であれば効果があるというものではないため、費用対効果を監視し続ける必要があります。